経営支援

ホーム > 社会福祉法人 > 経営支援

経営分析による業務改善支援

利用者データ等種々の事業データは施設経営の現状を知るための信号です。健全な施設経営を行うためには、 まず現状の利用状況を正確に把握する必要があります。また決算書の数字に現れている課題や現状を正しく知ることでより良い事業内容に改善していくことができます。私たち上田公認会計士事務所が種々の経営データを分析し、顕在化している課題や隠れている課題を明確にいたします。

改善支援 1

各施設の財務データ、非財務データから経営分析(定量分析)をおこない、各経営指標から経営効率性の診断を行います。

診断項目は以下のとおりです。

  • ・1日平均利用者数
  • ・1日当たり利用率
  • ・入所者10人当たり従事者数
  • ・入所者1人1日当たり事業活動収入
  • ・人件費率
  • ・経費率
  • ・減価償却費率
  • ・サービス活動費用比率
  • ・経常増減差額比率
  • ・従事者1人当たり人件費
  • ・従事者1人当たり事業活動収入
  • ・労働生産性
  • ・労働分配率
  • ・流動比率
  • ・固定長期適合率 等

改善支援 2

施設に対して経営組織、事業管理、財務管理、人事・労務管理について「経営改善チェックリスト」による自己評価をアンケート項目に従って行っていただき、その結果をレーダーチャートにします(定性分析)。そのうえで、上田公認会計士事務所のスタッフが実際に同じ項目について
インタビューした後、「現状と課題」「経営改善に向けたポイント」について報告いたします。

改善支援 3

定量分析・定性分析の結果に基づいて、法人の方が気づいていないリスクの指摘とその対策方法をアドバイスし、経営改善のヒントを提供いたします。