医院承継

ホーム > 医院承継

医院の事業承継について

全国の開業医のうち、70歳以上の開業医は全体の22%超を占め、今後も開業医の高齢化はより一層進むと考えられています。
そこで、医院の将来の選択しとして考えておきたいのが「医院承継」です。後継者がいるか、いないか。経営は個人か、医療法人か。診療所はテナントか、戸建か、医院の状況によって、押さえておきたいポイントは異なってきますが、いずれの場合であっても避けられないのが「譲渡」、「賃借」、「相続」の問題です。
承継をスムーズに進めるためにも、「納税資金」や「生活資金」の確保を見据えた「事前のライフプラン」が重要となってきます。

医院経営の安心とお役立ちのパートナーをめざす上田公認会計士事務所が提供する「医院承継ワンストップサービス」。設立30年を迎える会計士事務所の豊富な実績をもとに、税務のプロが後継者問題から税務対策までワンストップで支援しています。

この機会に、ハッピーリタイアのシミュレーションをしてみませんか?

医院の事業承継のメリット

医院の事業承継には以下のようなメリットがあります。これらメリットを考えたうえで、どういった形で承継するのか考えていく必要があります。

譲渡者のメリット

  • ・地域医療の継続が図れる
  • ・建物を診療所仕様のままで譲渡または賃貸できる
  • ・譲渡対価に営業権を織り込める
  • ・リース残債務を引き継いでもらえる
  • ・テナントの場合、現状回復費用が不要
  • ・賃貸する場合、他業種に比して比較的有利な賃料設定ができ、長期安定的な収入を確保できる。
  • ・従業員の雇用の安定が図れる

医院の事業承継における問題

メリットが多い医院の事業承継ですが、承継を実行するにあたって必要な様々な問題もあります。上田公認会計士事務所では業界を知り尽くした専門家を抱え、豊富な経験をもとにしたコンサルティングが可能です。

たとえばこんな問題が…

  • ・後継者がいるのか
  • ・いつ承継するのか
  • ・場所は移転しないのか
  • ・財産(不動産)の承継はどうするのか などなど…。

医院会計のプロである上田公認会計事務所の専門性とノウハウで解決いたします。

セミナー情報