日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所

大阪の医療・介護・福祉に強い事務所の採用サイト 日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所 採用サイト

  • 募集要項
  • 採用ブログ
  • 日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所 事務所サイトTOP

歯科担当 洞口幹生

1.今の仕事を教えて下さい

 税務会計を中心として、開業支援・増患増収対策・人事労務相談などの周辺業務をしています。担当先の業種は、診療所(医科・歯科)、介護事業所(訪問介護・通所介護・訪問看護・居宅介護支援など)のような医療福祉関係がほとんどですが、一般の事業会社もあります。
 また、上田公認会計士事務所では、事業部別にプロジェクトチームを設置しており、その中の歯科プロジェクトチームにおいてリーダーを務めています。歯科医院経営に役立つツールを考案し提供することによりお客様のお役に立ち、事務所内で研修を行なうことにより職員のスキルアップを促し、対外セミナーの開催やホームページで新規顧客を獲得することで事務所に貢献する、まさに「三方良し」の実現を目指しています。

2.入社を決めた理由を教えて下さい

 何か一つの強みを持ちたかったから、ということに尽きます。
 私は、大学卒業後すぐにこの業界に入りました。当時お世話になった事務所は、上田公認会計士事務所のような専門特化型ではなかったので、レストランやケーキ屋さんなどの小売業、金型や精密部品などの製造業、その他には建設業・ホテル業・士業など様々な業種の担当をしました。
 色々な業種を担当できるというのはよいことだと思いますが、それぞれへの知識が薄く、一般的な税務会計という枠を出たアドバイスをすることや相談を受けることができず、「誰にでもできるレベルの仕事」しかしていないということに不安を感じていました。そして、「自分にしかできない仕事」をするために情報収集をしていたところ、上田公認会計士事務所の採用情報に目が留まりました。医療福祉という分野は前職で経験していませんでしたから、心を新たに一からの挑戦をして、自身の強みにしようという気になりました。

3.今までの仕事の中で一番印象的だったことを教えて下さい

 初めて携わった、歯科医院の開業支援です。
 担当している歯科医院の院長先生が、後輩の先生を私に紹介して下さいました。自分を認めていただけたようで、とても嬉しいことでした。早速上司に相談すると、自分で開業支援をしてみなさい、と指示をいただいたため、初めてのことでしたが取り組むこととしました。
 やり始めてみると、何をすればよいかわからず…先生にも、頼りない人だなぁと思われてしまったかもしれません。とにかく、本を読み、他の担当者が過去に支援した際の事例を見る等のことをしながら進めました。また、場数をたくさん踏もうと思い、先生との面談を頻回に行ない、医療機器ディーラー様や内装業者様、金融機関様との面談全てに同席するようにしました。
 なんとか無事に開業までたどり着き、今でも順調に経営をしておられます。開業前に一緒に悩むことや苦労することがあったので、そのおかげで今でも良い関係を保てていると思っています。座学も大切ですが、実践することは本当に良い勉強になると思いました。

4.今後の目標は何ですか?

イ ンプットという点では、特に歯科の周辺知識を深めて、上田公認会計士事務所で歯科に詳しいと言えば洞口だ、と言われるようになりたいと思います。そのためには、税務会計だけでなく、診療報酬を深く理解することや、医療行政や助成金等の情報を常に得ておくこと等、幅広くアンテナを広げておかなければならないと思っています。
 アウトプットという点では、私より年次の浅い職員に対して、もっと教えてあげられるようになりたいと思います。このページの写真ではニコニコしているかもしれませんが、事務所内ではあまり愛想の良い人間ではないので、質問しにくい雰囲気を出してしまっているような気がします。他人に教えると、自分にとっても良い勉強になるらしいので、少しずつでもできるようになって、頼られる先輩になりたいと思います。

5.最後に応募者にメッセージをお願いします

 上田公認会計士事務所の採用試験に応募するかどうか迷っておられるあなたにとって、希望の方が大きいでしょうか、不安の方が大きいでしょうか。少しでも不安を感じておられる方に、私の拙い経験をお伝えしたいと思います。
 私が上田公認会計士事務所に入社した時は、24歳でした。会計事務所での勤務年数は、アルバイト勤務の期間を含めて約3年というレベルでした。それでも何とか内定をいただき、入社したところ、巡回監査担当者には20歳代の人がおらず、私から見るとしっかりしている先輩職員ばかり…。半人前にも満たない私は「身の丈に合わない事務所に入ってしまった!ついていけるのか…」と不安を感じました。
 この不安を払拭して下さったのは、優しい先輩方でした。忙しい中でも手を止めてきちんと教えて下さいましたし、年上の人の中に溶け込めるように、ランチに積極的に誘って下さいました。自身の経験や知識を職員同士で共有しようという意識が高いので、今でも色々と教えていただきますし、私にできる範囲で教えることもあります。
 また、事務所としても、職員教育には力を入れています。新入社員の200時間研修の他、社内や社外の研修を受ける機会が たくさんあります。私はこうした機会があればできる限り参加させていただいているつもりですし、そのおかげで自身のレベルアップができ、不安を感じずに楽しく仕事ができるようになったと思っています。
 上田公認会計士事務所は、前向きにチャレンジする人にとっては、大きなチャンスが転がっている環境だと思います。人それぞれ能力や経験値は異なるものですが、向上心を持って、常にチャレンジしていける方と一緒に仕事をしたいと思います。
Ueda Certified Public Accountant Licensed Tax Accountant Office. All Rights Reserved