日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所

大阪の医療・介護・福祉に強い事務所の採用サイト 日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所 採用サイト

  • 募集要項
  • 採用ブログ
  • 日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所 事務所サイトTOP

医科担当 野村憲太郎

1.今の仕事を教えて下さい

中心的な業務は、医療機関(医科、歯科クリニック)を中心に税務・会計・増患対策等のコンサルティング業務を行っております。定期的に顧客を訪問し、税務会計の指導監査(これに付随し増収対策、税務相談、人事労務相談など相談業務)をしています。

また、セミナー講師(増収増患対策、人事労務、法人成り、事業承継、相続対策)や営業、大学講師(事業承継)などの定期業務以外の業務も積極的に行っております。

現在、下記のようなお客様を担当しています。
◆担当件数
医科 13件(うち、医療法人 3件)
歯科 6件(うち、医療法人1件)
鍼灸院 1件
一般会社 5件(うち、MS法人2件)


2.入社を決めた理由を教えて下さい

全てを所長まかせにせず、ある程度の裁量を持ち、責任とリスクを背負って仕事ができる点が入社を決めた理由です。
また、上田公認会計士事務所は医療の分野では業界トップクラスのクライアント数を当時も誇っており、また税務会計クオリティの高さにも惹かれました。

28歳で転職をして上田公認会計士事務所に入社したのですが、当時は税理士資格を取得したばかりで自分の業務クオリティに自信を持っていたのですが、いざ入社をしてみると上田公認会計士事務所の他のスタッフの業務クオリティの高さに本当に驚きました。

それからいろいろと、他のスタッフの方に教えていただき、自分のスキルを伸ばすことができたというのも上田公認会計士事務所に入社してよかったと思っています。

また、コンサルティング業務や事業承継など、税務会計にとどまらずその周辺業務も行う事ができるところも他の税理士事務所と比較して良い点かと思います。



3.今までの仕事の中で一番印象的だったことを教えて下さい

入社してから驚いたことは、自分で責任もリスクも負わせてもらえるというとことです。
上田公認会計士事務所は、所長が出て行かないとことが特徴です。

セミナー後のフォローは自分たちでしていますので、訪問した際に「あんたが担当してくれるんやったら契約する」と言っていただけたことはとても印象に残っています。

私のセミナーに参加していただいて、その後フォローをして法人成りシミュレーションをして、その上で
このように信頼して言っていただけるということはとても嬉しかったですね。





4.今後の目標は何ですか?

万屋憲ちゃんです!笑

税理士資格を持ってはいますが、税金以外の相談も受けることが多いです。
ライフプランの相談や労働保険の相談などを受けることがあります。

そのような時に、中途半端な知識ではダメだと思い、社会保険労務士の資格と、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得しました。

お客様のご要望にお応えするために一人で何でもできたらいいなと思っています。



5.最後に応募者にメッセージをお願いします

他の会計事務所に比べて当事務所が優れていると私が感じる点は、社員の人柄の良さと知識レベルの高さです。

また、私もそうでしたが医療特化と聞くと「それしかできないのでは」と感じる方もおられると思いますが、それは違うと今は思っています。顧客の業態が医療なだけで、税務会計、増収対策、事業承継、相続対策など事業をされておられる方であれば全ての方が通られる道について専門的な立場から最適なアドバイスを行う仕事です。

税務会計だけではなく、顧客が人生を歩んでいく上での全てのステージにおいて顧客の良き相談相手になりたいと考えられる方は当事務所をお勧めします。
Ueda Certified Public Accountant Licensed Tax Accountant Office. All Rights Reserved