お客様インタビュー

ホーム > お客様インタビュー > 株式会社ぐりーん さま

お客様インタビュー Vol.8

奈良県大和郡山市にあります、株式会社ぐりーん さまをご訪問させて頂きました。

称号株式会社ぐりーん
業種児童発達支援・放課後等デイサービス・訪問・居宅介護事業
代表者代表取締役会長 福隅 勇
取締役社長 鈴木 恭一
取締役 福隅 日見子
所在地〒639-1103 奈良県大和郡山市美濃庄町733-1
WebSitehttp://www.green-kaigo.jp
株式会社ぐりーん 橿原支店

2011年に設立されたこちらの会社では、児童発達支援・放課後等デイサービス・訪問・居宅介護事業が行われています。

今回は、複数ある店舗の中でも最大の規模である、橿原支店のご様子を拝見しました。
ボールプール付の大型版プレイバルーン

子どもたちがめいっぱい身体を動かせる場です。

足を踏み入れると、一面のロッククライミングウォールや、広々としたプレイバルーンなどが目に入ります。
一目で、お子様が全身で楽しめるということが伝わる室内でした。

「お子様が楽しかったと笑って家に帰宅していただける様に」という思いの通り、居場所を提供するだけではなく、思い出も創っているのだという風に感じました。
子どもたちが集まって遊べる、BIGPAD(電子黒板)も装備
情操教育や創造力の育成につながります。

放課後等デイサービスは、平成24年4月に障害者自立支援法改正によって創設された認可事業です。 15年前には約18万人だった障害児童生徒数は、現在では40万人以上と増加傾向にあり、障害を持った児童とその保護者のニーズも非常に多様なものになっています。

今後も増加し続けるであろう障害児童生徒に対し、放課後等デイサービスの整備も進められていますが、利用者ニーズと施設の提供サービスが一致しない状況も少なくありません。

通える施設が少ない、普通学級の子供が通う学童保育所になじめない、という悩みを抱えられた保護者の方々は、決して「預かるのみ」の場を求めているという訳ではないでしょう。

より子どもの成長や思い出に寄り添った場で、成長・発達の土台が豊かになるような、場を望まれているのではないでしょうか。

今回ご訪問させて頂きました株式会社ぐりーん様では、奈良県内に4店舗を展開されています。

店舗ごとに異なった、特徴のある療育を実施することで、多様で多角的な支援を志向されているということです。

多様な利用者ニーズに合致した施設がまだまだ少ない中、保護者・児童それぞれの希望に沿った事業を行うことは非常に難しいことですが、それを実践されているように感じました。
頭と身体を動かすことができるロッククライミングウォール

他人との関わることや、創作的活動や作業活動を行うこと、身体や頭を目一杯動かすこと、外出の機会を得ること。

どれも、子どもたちの成長の土台を豊かにするためには、不可欠なものです。
子どもたちの居場所を提供するだけでなく、将来を考えた付加価値も提供する。
今回の株式会社ぐりーん様へのご訪問では、そのようなご様子を拝見することが出来ました。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら