ブログ

ホーム > ブログ > スタッフブログ > 神威岬

神威岬

日本クレアス税理士法人大阪本部の 村上 です。

10月の初めに北海道の小樽に旅行に行きました。

旅の目的地は積丹半島の神威岬

9月に亡くなった母が、亡くなる寸前に「もう一度行きたかった…」

と言った場所です。

 

人は亡くなっても四十九日まではまだ魂がこの世にあって

四十九日を境に次の世に旅立って行くといわれています。

なので・・その間にどうしても母の魂を連れて行きたいと思い訪れました。

 

そこに母が訪れたのは最初に癌と診断された30年ほど前、

抗がん剤治療が終わってから、これが最後の旅行になるかもしれない

と思って訪れたとのこと。

 

積丹半島から海に向かって突き出た神威岬は

母には天国へ続く道に思えたそうです。

  

 

それからしばらく元気に暮らしていた母をまた病魔が襲いました。

死を目前にその岬の光景が目に浮かんだのでしょう…

もう少し早く言ってくれていたら、生きている間に連れていくことが

できたかもしれないのに・・

 

当日は台風の影響もありあいにくの雨模様だったのですが、

岬に近づくにつれ雨が止み晴れ間がのぞきました。

きっと母の思いが通じたのだろうと思います。

 

でもやはり風が強く、手前で通行止めになっていて

岬の先までは行くことができませんでした。

 

柵越しに見える岬を眺めるだけで、その時の母と同じ思いに浸ることは

できなかったけれど、「まだあんたには早いよー」と

母が言ってくれているようにも思えました。

 

いつか私も死を覚悟したとき・・いやいや・・いつかまた冷静な気持ちで

景色を楽しみながら、思い出に浸りに訪れたいと思います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら