ブログ

ホーム > ブログ > スタッフブログ > 漢字の有難さを痛感しました。

漢字の有難さを痛感しました。

日本クレアス税理士法人

上田公認会計士事務所の 津田 です。

 

先日台湾に行く機会がありました。

中国語は你好と謝謝しか知らないので、会話は日本語と英語で

乗り切ったのですが、移動や食事を頼む際は、意外とスムーズに

進みました。

なぜなら、場所やメニューなどが漢字で表記されているからです。

それも、中国の略した漢字ではなく、日本で使う漢字に近いので、

非常に意味が取りやすかったです。

 

ご参考までに、駅の写真を貼ります。

「時刻表」なんて、まさにそのままです。

駅を表す「車站」も、何となくイメージができます。

 

海外に行く際は、言葉の壁にあたることが多いのですが、

見てそれなりにわかる(ように思える)国に行くと、

随分気が楽だと思いました。

 

ただ、聞いたり話したりができないので、今後の課題

です。Iphoneの中国語アプリをダウンロードしたので、

いつか行く次回までに、少しは身につけたいです。

 

最後に、鉄道好きの方のために、台北駅前の写真を貼ります。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら