セミナー

ホーム > セミナー > 【歯科セミナー】「光学印象とCAD/CAMによる増患増収対策」セミナー開催のお知らせ

【歯科セミナー】「光学印象とCAD/CAMによる増患増収対策」セミナー開催のお知らせ

こんにちは。大阪市中央区、日本クレアス税理士法人大阪本部 愛甲 です。
2019年6月30日(日)、弊事務所セミナールームにて「光学印象とCAD/CAMによる増患増収対策」セミナーを開催致しました。
第1部では“歯科治療のデジタル化と審美修復治療”というテーマで、大阪歯科大学・広島大学・昭和大学 客員教授 東京医科歯科大学 非常勤講師 末瀬 一彦 先生 にご講演を頂きました。これからの歯科医院経営に欠かせないデジタル化の流れについて、大変ためになるお話をうかがうことができました。


第2部では、歯科治療のデジタル化をリードするセレックシステムについて、株式会社モリタ 大阪本社にお勤めの、歯科技工士の資格をお持ちでもある、 山地 里咲 様よりご講演を頂きました。
当日は、チェアサイド用のセレックシステムと口腔内スキャナの実機を会場内に展示致しました。ご出席いただいた先生方におかれましては、実際にデモンストレーションをご覧頂き、議論や質疑応答も活発に交わされる時間となりました。

第3部では、“業績が伸びている医院はここが違う!増患増収事例と診療効率の目安を大公開”というタイトルで、弊事務所 洞口 幹生より講演をさせて頂きました。
生産性という観点でのお話や、増収増患の事例について、具体的にお話を致しました。先生方には終了後のアンケートで「大変興味深かった」というご感想を頂き、何か少しでも経営のお役に立てる内容をご提供できていれば幸いに思います。

ご出席頂いた皆様、ご講演頂いた諸先生方、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら