セミナー

ホーム > セミナー > 『寄付金取得ノウハウ大公開セミナー』実施報告

『寄付金取得ノウハウ大公開セミナー』実施報告

日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所の 篠尾 です。

平成30年10月11日(木) 弊社セミナールームにおきまして講師の方を3人お招きし、
『寄付金取得ノウハウ大公開セミナー』を開催いたしました。

第一部では Co-Life-Design K 代表 永見まり子 先生より
「ファンドレイジングの基礎」という内容でご講演いただきました。

ファンドレイジングという言葉を聞くと”寄付集め”と
思い描かれる方が多いのではないでしょうか。

実際のファンドレイジングでは、寄付を集めることに特化するのではなく、
組織の潜在能力の向上や潜在寄付者の分析にも目を向けることが必要だとのことでした。
今回はその方法として、法人に影響のある方を整理する分析方法を教えていただきました。

ファンドレイジング計画では財源・組織・事業の3つを一体的に考え、
法人をつくることが大切だということでした。

第二部は ならファンドレイジングラボ 代表 西村昌弘 先生より
「クラウドファンディング入門」という内容でご講演いただきました。

ファンドレイジングの手法にはいくつかあることをご存知でしょうか。

今回はこの中でもクラウドファンディングについて教えていただきました。

クラウドファンディングなどの不特定多数の方より資金支援を募る場合には、
単なる資金調達ではなかなかご支援はしていただけません。

ではそのような中でどのように資金調達を行えばよいのか、
この問題についてクラウドファンディングの実例を用いてお話しいただきました。

クラウドファンディングは多大な労力を要する一方で、資金調達の手法にとどまらず
法人の活動を多くの方にアピールできる機会でもあります。
また地域の方との親密な関係づくりに繋がるなど、
たくさんのメリットがあることも実感いただけたのではないでしょうか。

第三部は 日本ファンドレイジング協会 認定ファンドレイザー 青木将美 先生より
「遺贈寄付は怖くない」という内容でご講演いただきました。

寄付を受ける際の注意点等について、
青木先生の関与された遺贈寄付のお話を交えながら教えていただきました。

遺贈寄付は既存の寄付者の方の中に考えてくださる方が多いため、
普段より寄付者の方と
密接なコミュニケーションを心がけることが大切だということでした。

寄付を受ける法人は、遺贈寄付希望者と生前より密接なコミュニケーションをとることにより、
寄付者の希望に沿った寄付の使い道を確認することができます。

またそれを法人側が実現できるのかを、共に確認することができるでしょうとのことでした。

今回のセミナーで3名の講師の方が共通して強くおっしゃられていたことは
“感謝を伝えること”でした。

当たり前のように思えることかもしれませんが、
この感じられる感謝こそが寄付者の方が
再度寄付をしたいと思えるポイントだということでした。

寄付をしていただいた際にお礼をすることはもちろん、
その後も法人の状況を伝える報告をするなど、
長いお付き合いをすることが大切だと言うことを教えていただきました。

今回のセミナーが、ご参加いただきました皆様のお役に立つことを祈っています。
貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

当事務所では、月2回 社会福祉法人様向けに個別相談会を開催しています。
寄付以外のことでもぜひご相談ください。

日時   毎月 第1・第3 金曜日 13時~
      1法人様 1時間 (1日2法人様限定)

場所  日本クレアス税理士法人 会議室
     大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル3F

初回のみ無料(1時間)で、社会福祉法人専門の税理士が、アドバイスをさせて頂きます。
ご参加を希望される方は、ホームページよりお申込み下さい。
お申込みはこちら

次回のセミナーのご参加もお待ちしております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら