ブログ

ホーム > ブログ > 社会福祉法人におけるBCP

社会福祉法人におけるBCP

日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所の 田中 です。

BCPとは、事業継続計画のことを意味します。事業継続計画は、東日本大震災のような緊急危機的事態が発生しても事業を継続できる対策、計画をおこなっているかまで求めます。
災害を想定したBCPには3つの観点で検討します。
基本方針、ハード対策、ソフト対策の3つです。

基本方針で、社会福祉法人として、事業継続に向けた項目の抽出をおこないます。
例えば、利用者の安全、従業員の安全、地域の信頼等の項目があります。
次に、被害想定をします。災害には時間を追っての段階があります。その段階の設定をおこないます。
この基本方針の項目、被害想定が、次のハード・ソフトの検討につながっていきますので重要になります。ここがあやふやだと具体的決定事項に漏れがあったり、不明確な指示になったりします。

基本方針で決めたことに基づき、ハード、ソフトの対策をします。
ハード面では、インフラ対策が求められます。
電気、車両の燃料、利用者の薬の確保、IT関係、エレベータ等 非常時の取扱いを検討します。
ソフト面は、人的対策のことです。
職員の組織体制、安否確認、利用者の対応手順等があげられます。

介護施設における事業継続計画(BCP)作成支援ツールとして、静岡県公式HPにありますので、参考にしてください。
http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-240/kaigo/h26/shisetu-bcp.html

自助、共助、公助のうち、自助には限界があり、その限界をあらかじめ理解しておくこと、共助を受けるうえで、日ごろからの地域との連携をしていくことが求められます。
BCPを作成したからとしいって、緊急時にはそのように対処できない場合もあります。
ただ、あらかじめ想定をしておく、訓練をしておくことで、対処できるところは多くあると思います。
社会福祉法人様のお力になれれば幸いです。

弊社では、月2回 社会福祉法人様向けに個別相談会を開催しています。
法人運営、経営、会計そして税務など、様々なご相談に対応しております。

日時   毎月 第1・第3 金曜日 13時~
1法人様 1時間 (1日2法人様限定)

場所  日本クレアス税理士法人 会議室
大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル3F

初回のみ無料(1時間)で、社会福祉法人専門の税理士が、アドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら