ブログ

ホーム > ブログ > 平成29年8月より高額介護サービス費の基準(月々の負担の上限)が変わります

平成29年8月より高額介護サービス費の基準(月々の負担の上限)が変わります

日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所の大塩です。

 

平成29年8月より高額介護サービス費の基準(月々の負担の上限)が変わります。

 

高額介護(介護予防)サービス費とは

介護保険サービス及び総合事業のサービスにかかった費用の1割または2割は利用者負担ですが、

その利用者負担が一定の上限金額を超えた場合については、

お住まいの市又は区役所の介護保険の窓口で申請することにより、

上限金額を超えた額が高額介護(介護予防)サービス費

(以下「高額介護サービス費等」といいます。)として支給されます。

なお、高額介護サービス費等の支給申請については、

一度申請をしていただくと次回からは手続きを行わなくても、

1ヶ月に一定の上限金額を超えた利用者負担がある月においては、自動的に計算し支給されます。

 

年間負担上限額について

平成29年8月からの上限額引上げにあわせて、

年間の負担額総額が平成29年7月までの負担最大額を超えないように

年間上限額(8月から7月)が設定されます。(平成29年8月から3年間の時限措置)

なお、年間上限額が適用されるのは

①世帯内の全ての被保険者(利用者ではない被保険者含む)が1割負担

②世帯内に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいる場合は、

同じ世帯にいる65歳以上の方全員の収入の合計が520万円

(65歳以上の方が1人しかいない場合は383万円)に満たない場合

となります。

 

詳しくはこちら

 

ご質問は、日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所までご連絡下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら